メイン画像

著作権は法により守られており

著作権は法により守られており、著作権を違反した場合は、罪となってしまいます。
勝手に使用し、複製などをしてしまえば10年以下の懲役または1000万円以下の罰金という刑が定められています。
個人と言うわけではなく、法人単位で行った場合にはその法人にも処罰が与えられるのです。
パッと見て酷似の物を制作して自己開発品だと主張しても、著作権できっちりと守られているので、勝ち目はないばかりか、もちろん刑が科せられることになるようです。
こうしてきちんと守られているのです。

ゲームの違法コピーは多くのサイトでいまだに可能なのです。
正規の値段でゲームソフトを買うのではなく、PCからダウンロードして、正規発売日直後にタダで新ゲームを手に入れてしまう事が出来るのは驚愕です。
ゲームの違法ダウンロードをやれてしまう専用のカードが存在するのですが、それは法に触れます。
今でもやれてしまうので、このような方法で違法行為をされると、著作者に損失が出て、誰もがやると、ゲーム界は破たんしてしまうことでしょう。

不正コピーは罪になるという概念を持っていない人も多いようです。
単純に得すると思い、誘われるがまま不正コピーで手に入れた物を利用している方もいますが、一目見て心では悪行だと十分理解はしているはずです。本当は正しい金額で手に入れなければならないものを、簡単にパッと手にしたなんて、どう考えても気づくはずです。自分一人くらい、他にも沢山の人が、知らんぷりすれば、等々、安易な気持ちで手を出してしまっても、立派な犯罪という事です。